日常生活に根付いたクレジットカード

現代社会においてクレジットカードを使ったクレジット決済は当たり前のものとなりました。近年では、インターネットの発達と共にネットショップを開く個人や企業が増えてきたので、それらのショップではクレジット決済で支払いを行うことが一般的であるので、ますますクレジットカードが身近な物になっています。

 

クレジットカードにはCDショップや大手家電量販店のポイントカード、交通機関の定期券などと一緒になった物が一般的になってきており、クレジット機能付きのポイントカードを利用することで、家電量販店などのポイントと共に、クレジット機能に特典として付いてくるマイルと呼ばれるポイントも貯めることが出来て、とてもお得になっています。

 

クレジットカードにはキャッシング利用可能枠を付けることも出来ます。ショッピングをするだけであれば、キャッシング枠を付ける必要はありませんが、キャッシング枠はクレジットカードの限度額の一部をキャッシングとして使うことが出来るものです。キャッシング枠が利用できるかどうかは申請した後のクレジットカード会社の審査によって決まります。

クレジットカードのメリットと比較して選ぶ方法

クレジットカードはとても便利なカードです。
このカードを作成するためには審査を通過しなくてはいけませんが、一度作成するとその便利さに驚く事でしょう。

 

ます、買い物をするときにはとても役立ちます。お金を持ち歩かなくていいのですから、財布がとても軽くなりますね。重たい小銭を持ち歩く必要が無いのです。また、通信販売でも役立ちます。支払方法は銀行振り込みや代金引換がありますが、クレジットカード払いをすれば簡単に決済が出来ます。カードの情報を登録しておけば、すぐに買い物が出来ます。

 

支払いは翌月に持ち越すことが出来ますから、限定品が欲しい時にお金が無くても買えます。お金は後日用意すればいいのでアルバイト代の前借も可能になりますね。

 

しかし、使い過ぎは厳禁です。借りたお金は返さなくてはいけないので、計画を立てて使いましょう。

クレジットカードは1枚あればいいのでは

何枚ものクレジットカードを所有されている方がいますが、それぞれきちんと把握して利用出来ているのでしょうか。
生活にかかる費用はこのカードで、公共料金の支払いはこのカードで、また趣味やその他。
この様に使い分けして返済日にはしっかりと支払いは出来ているのか心配になる事があります。
また何故何枚もクレジットカードが必要かすら疑問に思う事もあります。
1枚持っていればその都度選ぶ事無く煩わしさもないでしょうし、毎月決められた返済日には1社からの請求になりますので、間違いも起こし難いと思います。
何社に分けての利用はそれぞれカード決算時にかかる手数料もそれぞれ取られる訳ですので損をしていると思いますが。クレジットカードは便利の様で使い方を間違えれば自分自身に負担をかけると思います。管理がきちんと出来ない人はカードを数多く持つ事はあまりお勧め出来ません。